オフライン の bananaplaza

オフラインが映画、ドラマ、本、仕事とかのこと綴ります。

「 プログラマー 」 一覧

40代プログラミング未経験者がプログラマーに。

2019/01/22   -雑談
 

高杉です。この時代、プログラミングを勉強したい人は、20代に限らず幅広い年齢層にいると思います。40代プログラミング未経験者がプログラマーとして働き始めた話を簡単にしようと思います。もちろん、積み上げてきたトーク力,問題を発見するスキル,問題を解決するスキルなど、汎用的なスキルで活躍されるほうが年齢に適していることはわかるのですが、今の職場環境のせいか、諦めている人が多い気がしまして「年齢による不可能なこと」はないことを伝えたいと思いました。最初に言っておきますが、決して40代を馬鹿にしているわけではなく、やっぱり年齢に勝てない部分があるという話をよくお聞きするので書きます。生意気ですみません。 どうしたら年齢に関係なく早くしっかりと理解できるのか結果から言いますと 良い師に出会えるかどうか、そして諦めずに自ら学ぼうとするかどうか だと思います。 まだまだ青い自分の場合、2年前、今の会社に札幌のIT研修をしている別会社で研修を受けさせてもらいました。自分も未経験者だったため、プログラミングの概念から学ばさせて頂きました。自分は、地頭が良いと思っていましたが、本当に頭が良い人と話すと、その差は明白になりますね。そうです、自分は馬鹿だでした…。それでも若い力と努力で何とか食らいついて、ある程度は形にしてもらいました。 その後、40代の社員が未経験者なのにプログラマーとして開発部門に異動してきました。 一応、成功事例?として 自分と同じように40代社員も研修を受けるようでした。 正直、無理だと思いました。だって無理ですよね。研修の時の先生も難しいと言っていましたし。でも、その40代社員は、今ではphpでシステムを開発しています。 同じ先生に教えてもらったらしいです。先生さすがです。40代社員もさすがです。生意気ですみません。 この経験から大変失礼ながら良い師とは何かを定義してみました。 1.未経験者にはプログラミングの概念から徹底して教える。 2.生徒、弟子がわからないことは、わかるまで教える。 3.プログラミングが楽しいと感じさせてくれる。 当たり前のことかもしれませんが、あくまで個人的には、この3つを徹底している師が「良い師」だと思います。 頑張って探してください。w 後はキレイごとのように聞こえますが、本当に自分の努力次第なんだと思います。 ちなみに自分と40代社員を教えたが先生は札幌にいます。調べたら出てくる会社だと思います。(G〇〇様です。迷惑がかからないように伏せておきます。)

ブログ内容

高杉、沖田、斎藤で運営しています。