オフライン の bananaplaza

オフラインが映画、ドラマ、本、仕事とかのこと綴ります。

雑談

札幌のフリーランスの単価

投稿日:2019年2月7日 更新日:

高杉です。今、自分はプログラマーとして、とてもいい環境にいます。

なぜなら全ての工程を経験できるからです。

今の会社はボーナスは年に1回ですし、退職金もなし、

その他手当関係もあまり充実していませんが、

若い自分にも一人で案件回させてくださるので、忙しいですが、

かなり良い環境にいると感じています。この環境を思い存分利用して修行していきます。

昨日、心が踊ってブレイクダンスするほどの話を聞きました。

まだまだ経験値が必要ですが、

自分の経験値の場合、札幌でフリーになると月40万以上は

稼げる案件が既に何個かあり、今の会社でもう少しPM系の経験を積めば

60、70万くらいは稼げるという話を聞きました。

自分としては、まず1人で案件を回した実績増やそうと思います。

やはり単価が上がるのは、1人で案件を回せるかどうからしいです。

Twitterの@moto_recruitさんの働き方を参考にさせて頂いて

自分は本業を続けつつ、副業をフリーとかブログで稼いで

年収増やそうと思っています。

ちなみに案件紹介は、札幌だとここらへんがおすすめらしいです。

自分はまだ契約していないです。ちなみに話を教えてくれたのは、

「ハイパフォーマー」の方です。

ただ、ごめんなさい。仲介手数料の話をちゃんと聞けていないです。

契約する方は、しっかり聞いた方が良いと思います。自分の方でも聞いたら

この記事更新しておきます。

https://www.high-performer.jp/consultant/

https://pe-bank.jp

このサイトについて

広告掲載予定

検索

このサイトについて

広告掲載予定

検索

-雑談
-

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

新社会人の皆さんへ

3月25日 こんにちは!四月から新社会人になるみなさん! 沖田です。このブログを覗いているみなさんは、おそらく新社会人になるにあたって不安がある方達が多いいと思います。そもそも不安もなにもない方がこのブログを読んだり、調べたりしないですよね笑     そんな、新社会人になるみなさんに社会人7年目の僕からのアドバイスや、経験談を通して少しでも皆さんの力になれたら、と思いブログを初めてみました! では早速、本題に入って行きましょう!       1.新入社員 (新人)が最初にやるべきこと 初めて行く場所、初めて会う人、 初めての事ってなんでも緊張してしまいますよね…僕もそうです。でも。緊張するってことは、相手に少なからず良く見て欲しい、頑張りたい、っていう気持ちの裏返しなのかなと、僕は考えています!でも。それが悪い方向に行くと、元気がない奴だな、コミュニケーション取れないやつだなどの印象を与えてしまうかもしれません…   それを少しでも解消する方法って意外にも簡単で、必ず挨拶をする。なんですよね!     僕も多くの新入社員や新人の子達を見てきましたが、どれだけ緊張していても、話し下手な子でも挨拶をしっかりする人っていうのは、絶対に良い印象がつきます。元気よくできなくても 「おはようございます」  「お疲れ様です」 この2つが最初から出来る人っていうのは今の時代以外に少ないです、上司や先輩でもできない方達は沢山います。そんな人たちにでも挨拶を必ずしましょう。見ている方は見ていてくれていて、どれだけ緊張していても挨拶をする人というのは 「ああ、さっきは挨拶してくれたけど、今は緊張して話せてないんだな、、」   という印象になり、なんとかしてあげよう、と思うってしまうことが多いいです。 なので、挨拶だけはきちんと続けて行う ということがまずはじめに大切になってきます。         2.返事と頷きをする 次に返事と頷きです。これも今の若い子達はできてることが少ないです。すごく簡単なようでできないですよね。でも、これってすごく大切なことで、自分の立場になって考えてみたときに、極端な例を挙げると、 「話掛けても返事をせず反応がない人」と「名前を呼ばれて、はい!返事をして話を頷きながら聞く人」 ってどちらがいいかなんてもう誰でもわかりますよね!笑これを意識して行っていくだけで、この子は話をきちんと聞いているな、じゃあこの仕事の話も教えてあげようかな。と、プラスαでなにかを得られることが多くあります!僕も、後輩に対してそうでした笑小さなことかもしれませんが。意外に大きな効果があるので是非気にしてやってみてください!       3.頑張りすぎないこと え?意外!と思う方も少なくないと思いますが、これが結構大切なことなんです。 最初からなんでも一人で抱え込んで頑張りすぎてしまうと、周りの方達からは 「あ、この子は放っておいても大丈夫な子、一回で出来てしまう子、我慢強い子なんだ」 という印象になってしまいます。そうすると1ヶ月、2ヶ月経つ頃になると最初はあれだけ頑張っていたのに、継続できない人と、思われてしまいます。自分は必死に頑張っていたのに、、、とショックですよね。なので最初から根を詰めて頑張りすぎずに、出来なさそうなことは、相談する難しそうなことは、質問してみる最初から頑張りすぎる必要は無いんです。 自分の弱さもきちんと見せて、自分を理解してもらいましょう。 きっと先輩方は相談されたり、質問されることは嬉しいと思います。みなさんもバイトや、部活で後輩が頼ってきてくれたら嬉しかった経験ってありませんか?仕事も同じです!後輩に頼られるってとても先輩からすると嬉しいことなんです!       4.最後に 長くなってしまいましたが、以上の3つが、社会人7年目の僕が考える、新入社員がやるべきこと!です。入社したばかりなんて、仕事ができないのは当然です。ですが、それを声を大きくしてアピールするのではなく、こっそりと相談した助けを求めたりして上手く乗り越えて行きましょう! このブログを読んで、調べているだけでもみなさんは他のなにもしていない人達よりも一歩リードしている人材、と僕は考えます。そんな人材を手に入れられた会社は幸せな会社です。皆さんの不安が少しでも解消されたら、このブログを書いた僕も少しは救われます笑 では!四月から始まる新たな門出を良きものに!無理せず頑張ってください!

uno スーパーハードジェル

高杉です。自分は大泉洋の髪質に似ていると思います。羨ましがる人も、たまにいますが全く良いものではありません。大泉洋さん、すみません。 少年時代は短くしてれば良かったのですが、大人になってワックスの大切さに気づきました。特に自分は、整えないとダメな人なんだと気づきました。 ただ天パを上手く整えられるワックスなんて、なかなかないです。何度も試して、探してたどり着いたのが「uno スーパーハードジェル」。 他のジェルと違うのは粉をふかないこと!さらに、固まるまで少し時間がかかるからスタイリングしやすいです! おすすめです。

20代でやること

高杉です。最近、自分はまだまだだなと感じることが多いです。他の方が書いているブログを見ると、まだやれることが多くあることに気づきます。20代の内にやっておきたいことをまとめようと思います。 トーク力を鍛える。問題の原因を発見するスキルを鍛える。問題を解決するスキルを鍛える。いろんな職業の人と話す。旅行などで違う文化に触れる。 自分は、今プログラマーなので技術的なスキルを伸ばそうと勉強してきましたが、他の方のブログを読んで、生涯使えるスキルは、トーク力なのかもしれないと気づかされました。汎用的なスキルを20代の内に磨いておきたいと思います。

40代プログラミング未経験者がプログラマーに。

高杉です。この時代、プログラミングを勉強したい人は、20代に限らず幅広い年齢層にいると思います。40代プログラミング未経験者がプログラマーとして働き始めた話を簡単にしようと思います。もちろん、積み上げてきたトーク力,問題を発見するスキル,問題を解決するスキルなど、汎用的なスキルで活躍されるほうが年齢に適していることはわかるのですが、今の職場環境のせいか、諦めている人が多い気がしまして「年齢による不可能なこと」はないことを伝えたいと思いました。最初に言っておきますが、決して40代を馬鹿にしているわけではなく、やっぱり年齢に勝てない部分があるという話をよくお聞きするので書きます。生意気ですみません。 どうしたら年齢に関係なく早くしっかりと理解できるのか結果から言いますと 良い師に出会えるかどうか、そして諦めずに自ら学ぼうとするかどうか だと思います。 まだまだ青い自分の場合、2年前、今の会社に札幌のIT研修をしている別会社で研修を受けさせてもらいました。自分も未経験者だったため、プログラミングの概念から学ばさせて頂きました。自分は、地頭が良いと思っていましたが、本当に頭が良い人と話すと、その差は明白になりますね。そうです、自分は馬鹿だでした…。それでも若い力と努力で何とか食らいついて、ある程度は形にしてもらいました。 その後、40代の社員が未経験者なのにプログラマーとして開発部門に異動してきました。 一応、成功事例?として 自分と同じように40代社員も研修を受けるようでした。 正直、無理だと思いました。だって無理ですよね。研修の時の先生も難しいと言っていましたし。でも、その40代社員は、今ではphpでシステムを開発しています。 同じ先生に教えてもらったらしいです。先生さすがです。40代社員もさすがです。生意気ですみません。 この経験から大変失礼ながら良い師とは何かを定義してみました。 1.未経験者にはプログラミングの概念から徹底して教える。 2.生徒、弟子がわからないことは、わかるまで教える。 3.プログラミングが楽しいと感じさせてくれる。 当たり前のことかもしれませんが、あくまで個人的には、この3つを徹底している師が「良い師」だと思います。 頑張って探してください。w 後はキレイごとのように聞こえますが、本当に自分の努力次第なんだと思います。 ちなみに自分と40代社員を教えたが先生は札幌にいます。調べたら出てくる会社だと思います。(G〇〇様です。迷惑がかからないように伏せておきます。)

ブログ内容

高杉、沖田、斎藤で運営しています。