オフライン の bananaplaza

オフラインが映画、ドラマ、本、仕事とかのこと綴ります。

僕たちのゲーム実況 おすすめ ランキング 3選

はじめまして!高杉と申します。 ブログの更新全くしてませんでしたが、更新します!!!!! 改めまして動画配信業界新人のオフライン 高杉と申します。 とりあえず、ブログを更新してなかった数か月、YouTubeに毎日動画投稿したり、ツイキャスでライブ配信したりしてたっていう言い訳を用意してました。…はい。申し訳ございませんでした。 今回のブログは、そのYouTubeで僕たちが投稿した動画の中でおすすめと!超おすすめと!テラおすすめ!の3選を紹介致します! まあ、宣伝ですね。お願い。チャンネル登録だけしてくれ。 “オフライン”のおすすめ動画 3選 #〇×ゲーム(テラおすすめ!) #パンチアウト(テラおすすめ!) #ソーセージレジェンド(テラおすすめ!) 最後に 以上!お気づきでしょうか?そうです。テラおすすめしかなかったです。もし良ければご覧ください!パンチアウトは前編が何個かあるのでそちらもどうぞ!

新社会人の皆さんへ

3月25日 こんにちは!四月から新社会人になるみなさん! 沖田です。このブログを覗いているみなさんは、おそらく新社会人になるにあたって不安がある方達が多いいと思います。そもそも不安もなにもない方がこのブログを読んだり、調べたりしないですよね笑     そんな、新社会人になるみなさんに社会人7年目の僕からのアドバイスや、経験談を通して少しでも皆さんの力になれたら、と思いブログを初めてみました! では早速、本題に入って行きましょう!       1.新入社員 (新人)が最初にやるべきこと 初めて行く場所、初めて会う人、 初めての事ってなんでも緊張してしまいますよね…僕もそうです。でも。緊張するってことは、相手に少なからず良く見て欲しい、頑張りたい、っていう気持ちの裏返しなのかなと、僕は考えています!でも。それが悪い方向に行くと、元気がない奴だな、コミュニケーション取れないやつだなどの印象を与えてしまうかもしれません…   それを少しでも解消する方法って意外にも簡単で、必ず挨拶をする。なんですよね!     僕も多くの新入社員や新人の子達を見てきましたが、どれだけ緊張していても、話し下手な子でも挨拶をしっかりする人っていうのは、絶対に良い印象がつきます。元気よくできなくても 「おはようございます」  「お疲れ様です」 この2つが最初から出来る人っていうのは今の時代以外に少ないです、上司や先輩でもできない方達は沢山います。そんな人たちにでも挨拶を必ずしましょう。見ている方は見ていてくれていて、どれだけ緊張していても挨拶をする人というのは 「ああ、さっきは挨拶してくれたけど、今は緊張して話せてないんだな、、」   という印象になり、なんとかしてあげよう、と思うってしまうことが多いいです。 なので、挨拶だけはきちんと続けて行う ということがまずはじめに大切になってきます。         2.返事と頷きをする 次に返事と頷きです。これも今の若い子達はできてることが少ないです。すごく簡単なようでできないですよね。でも、これってすごく大切なことで、自分の立場になって考えてみたときに、極端な例を挙げると、 「話掛けても返事をせず反応がない人」と「名前を呼ばれて、はい!返事をして話を頷きながら聞く人」 ってどちらがいいかなんてもう誰でもわかりますよね!笑これを意識して行っていくだけで、この子は話をきちんと聞いているな、じゃあこの仕事の話も教えてあげようかな。と、プラスαでなにかを得られることが多くあります!僕も、後輩に対してそうでした笑小さなことかもしれませんが。意外に大きな効果があるので是非気にしてやってみてください!       3.頑張りすぎないこと え?意外!と思う方も少なくないと思いますが、これが結構大切なことなんです。 最初からなんでも一人で抱え込んで頑張りすぎてしまうと、周りの方達からは 「あ、この子は放っておいても大丈夫な子、一回で出来てしまう子、我慢強い子なんだ」 という印象になってしまいます。そうすると1ヶ月、2ヶ月経つ頃になると最初はあれだけ頑張っていたのに、継続できない人と、思われてしまいます。自分は必死に頑張っていたのに、、、とショックですよね。なので最初から根を詰めて頑張りすぎずに、出来なさそうなことは、相談する難しそうなことは、質問してみる最初から頑張りすぎる必要は無いんです。 自分の弱さもきちんと見せて、自分を理解してもらいましょう。 きっと先輩方は相談されたり、質問されることは嬉しいと思います。みなさんもバイトや、部活で後輩が頼ってきてくれたら嬉しかった経験ってありませんか?仕事も同じです!後輩に頼られるってとても先輩からすると嬉しいことなんです!       4.最後に 長くなってしまいましたが、以上の3つが、社会人7年目の僕が考える、新入社員がやるべきこと!です。入社したばかりなんて、仕事ができないのは当然です。ですが、それを声を大きくしてアピールするのではなく、こっそりと相談した助けを求めたりして上手く乗り越えて行きましょう! このブログを読んで、調べているだけでもみなさんは他のなにもしていない人達よりも一歩リードしている人材、と僕は考えます。そんな人材を手に入れられた会社は幸せな会社です。皆さんの不安が少しでも解消されたら、このブログを書いた僕も少しは救われます笑 では!四月から始まる新たな門出を良きものに!無理せず頑張ってください!

札幌のフリーランスの単価

2019/02/07   -雑談
 

高杉です。今、自分はプログラマーとして、とてもいい環境にいます。 なぜなら全ての工程を経験できるからです。 今の会社はボーナスは年に1回ですし、退職金もなし、 その他手当関係もあまり充実していませんが、 若い自分にも一人で案件回させてくださるので、忙しいですが、 かなり良い環境にいると感じています。この環境を思い存分利用して修行していきます。 昨日、心が踊ってブレイクダンスするほどの話を聞きました。 まだまだ経験値が必要ですが、 自分の経験値の場合、札幌でフリーになると月40万以上は 稼げる案件が既に何個かあり、今の会社でもう少しPM系の経験を積めば 60、70万くらいは稼げるという話を聞きました。 自分としては、まず1人で案件を回した実績増やそうと思います。 やはり単価が上がるのは、1人で案件を回せるかどうからしいです。 Twitterの@moto_recruitさんの働き方を参考にさせて頂いて 自分は本業を続けつつ、副業をフリーとかブログで稼いで 年収増やそうと思っています。 ちなみに案件紹介は、札幌だとここらへんがおすすめらしいです。 自分はまだ契約していないです。ちなみに話を教えてくれたのは、 「ハイパフォーマー」の方です。 ただ、ごめんなさい。仲介手数料の話をちゃんと聞けていないです。 契約する方は、しっかり聞いた方が良いと思います。自分の方でも聞いたら この記事更新しておきます。 https://www.high-performer.jp/consultant/ https://pe-bank.jp

20代でやること

2019/01/31   -開発・設計資料, 雑談

高杉です。最近、自分はまだまだだなと感じることが多いです。他の方が書いているブログを見ると、まだやれることが多くあることに気づきます。20代の内にやっておきたいことをまとめようと思います。 トーク力を鍛える。問題の原因を発見するスキルを鍛える。問題を解決するスキルを鍛える。いろんな職業の人と話す。旅行などで違う文化に触れる。 自分は、今プログラマーなので技術的なスキルを伸ばそうと勉強してきましたが、他の方のブログを読んで、生涯使えるスキルは、トーク力なのかもしれないと気づかされました。汎用的なスキルを20代の内に磨いておきたいと思います。

uno スーパーハードジェル

2019/01/30   -雑談

高杉です。自分は大泉洋の髪質に似ていると思います。羨ましがる人も、たまにいますが全く良いものではありません。大泉洋さん、すみません。 少年時代は短くしてれば良かったのですが、大人になってワックスの大切さに気づきました。特に自分は、整えないとダメな人なんだと気づきました。 ただ天パを上手く整えられるワックスなんて、なかなかないです。何度も試して、探してたどり着いたのが「uno スーパーハードジェル」。 他のジェルと違うのは粉をふかないこと!さらに、固まるまで少し時間がかかるからスタイリングしやすいです! おすすめです。

ヘパリン類似物質外用スプレー

2019/01/28   -健康
 

高杉です。自分は元々軽い方のアトピーでして、社会人になって湿度がいつも低い家に引っ越してから、乾燥と仕事のストレスとでアトピーがひどくなってしまいました。 そんなある日、アメトーーク!で(お肌よわよわ芸人?だったかな)皮膚科でもらえるスプレーがオススメという話を聞きました。 それからwebサイトで調べますとどうやら、タイトルの「ヘパリン類似物質外用スプレー」というものらしいということがわかりました。 あれ?聞いたことあるな。と思い、自分のアトピーケア用品を探ると、自分はスプレータイプではなくローションタイプを持っていました。 このスプレータイプがあるんだ!と早速、皮膚科に行き、多めに処方してもらいました。今では毎日使っています。 ある時スプレーが切れ、何もつけない日が2ヶ月くらいあり、2ヶ月目の前半までは肌荒れしなくて治った!?と思いましたが、やはり生活リズムが崩れてくるとダメですね。また荒れはじめたので皮膚科に貰いに行きました。 ちなみに、自分の家は札幌のアリオが近いので、中にある皮膚科に行くことが多いです。最近は若いお兄さんが担当の先生で、その先生もちゃんと話を聞いてくれます。いつも良いクリニックだなーって思います。

WBSは初心者でも作れる?

高杉です。自分は、まだプログラミングを勉強して2年しか経っていませんが、仕事で設計業務もしています。 そんな自分にとっては、ものすごく勉強になった本でした。 開発初心者にとって最高の本だと思う。 本の最後には、付録でWBSのテンプレートの表がありますが、そのテンプレートをExcelに写して一項目ずつ勉強していきました。 専門用語は少し出てくるけど調べればわかる範囲ですし初心者にとっては有難い本でした。 なんで新米プログラマーの自分が設計やっているかっていうと、PM,SEがみんな辞めたからです。 なので、ちょっと頑張るかと一念発起して本を読みまして、 プログラムがわからない営業社員と新米プログラマーがプロジェクト進めるなら、 以下の開発手法で進めるのはどうかと、まとめて提案してみることにしました。 その内容を載せてみようと思います。 目次 開発手法の目的①ヒアリング②見積り③受注④開発⑤テスト⑥納品まとめ 1.開発手法の目的 結論から言いますと、この開発手法の目標は「見積もる前に大枠の設計を確定させること」です。 今までは、お客様との認識のズレが出た時点で予定が達成できないことが確定していました。 なぜなら、認識のズレが出ることを見込んだ手順になっていないからです。 認識のズレは必ず発生します。 最初からそれを見込んだ手順でプロジェクトを進める必要があります。 そこで今後、開発を予定通り進めるために 「お客様との認識のズレが起きないこと」を目的に考えてみましたが、 どうしても「見積もる前」に設計を確定させなければならないと思いました。 しかし、今までの経験から、開発を進めていく途中、 追加でご要望が出ることは多くあるとわかっていると思います。 なので、この開発手法の目標を「見積もる前に大枠の設計を確定させること」としました。 大枠だけでもお客様とすり合わせて設計の確定印を頂きます。 ただあくまで現状の案なのでさらに良くなる方法があれば、再検討していきたいと思っています。 それでは、詳しく説明していきます。 2.①ヒアリング(お客様の業務情報の資料化する) この手順では、以下の情報を集め、確定させます。 システムの目的(成果物)の確認最低限必要な機能の確認ステークホルダーの確認納品期日の確 「1.システムの目的(成果物)の確認」の「目的」は、複数出る場合があると思いますが、 その場合は優先順位を決めてください。 「2.最低限必要な機能の確認」の「機能」は、5W1Hで詳しくまとめてください。 複数出る場合は優先順位を決めてください。 「3.ステークホルダーの確認」では、お客様の中から最低でも、 決済者を1人、システム導入責任者を1人決めて、 その他にシステム運用者、利用者と、各役職、各部署の名前を確認してください。 運用者、利用者が多くなる場合は、名前は必要ありません。 「4.納品期日の確認」では、最低でも月までは確定させてください。 3.②見積り(仮見積を行う) この手順では、以下の資料を作成し、お客様に提示します。 機能一覧・仮見積書仮画面レイアウト図 「1.機能一覧・仮見積書」は、1枚にまとめておくといいかもしれません。 ただし、お客様には金額を提示する必要はなく、 あくまで社内用に見積もります。機能一覧は、提示させて頂き、 ①ヒアリングでお聞きした目的から発展した機能なども追加提案します。 その後、受注になれば、詳細を付け加えていきます。 「2.仮画面レイアウト図」は、A3用紙に画面と用紙が1対1になるようにまとめます。 テンプレートがあるので統一して提示してください。 また、③受注の際にも使用するのでデータを保存しておいてください。 レイアウト作成ソフ「XD」を使用して画面の画像を作成し、 パワーポイントのテンプレートに貼り付けて作成すると良いと思います。 4.③受注(仮見積を確定見積として修正し印鑑を頂く) この手順では、以下の資料を作成します。 また以下の資料以外に確定しておきたい情報もまとめて提示してください。 業務フロー図機能一覧・追加予定機能一覧画面遷移図・レイアウト図データベースER図・テーブル仕様書確定見積書 「1.確定見積書」を作成する前に、 ②見積りで作成した資料(機能一覧・仮見積書)を利用して、 受注予定を気にしつつ、お客様が納得するまですり合わせます。 そして、納得して頂いたところで確定見積書を作成し印鑑を頂いてください。 この確定見積書を基に詳細設計が行われます。 この時点からご要望を締め切るので、将来的なご要望なども 全てヒアリングしておいてください。 そしてお客様にはご要望を締め切ることを必ず伝えてください。 5.④開発(開発メンバーが設計の再確認、開発スケジュールの再調整、開発を行う) この手順では、まず受注者が開発メンバーに設計内容の情報共有を行います。 開発メンバーは、その設計を基に開発スケジュールを機能ごとに詳細まで調整します。 ③受注で作成した確定見積書か機能一覧を利用してください。 開発スケジュール表 「1.開発スケジュール表」は、資料の形式を問いません。 この時点でスケジュールが大きくズレる場合は、早めに受注者に報告してください。 開発のスケジュールの内容には、新たな言語やツールなどの教育・トレーニング期間なども入れてください。 開発開始後、スケジュールにズレが出そうな場合も早めに受注者に報告してください。 受注者は、調整を行って必要な場合はお客様に現状を報告してください。 お客様にも早めの報告をお願いします。 6.⑤テスト(テストメンバーが設計の再確認、テストスケジュールの再調整、テストを行う) この手順では、テストメンバーがRedmineでバグなどを報告します。 新たな資料の作成が必要であれば、この時点で作成すると良いと思います。 特に必要な資料はありません。ただし、テスト計画を社内で確定し 掲示板などにメモしておいてください。テスト計画について以下にまとめます。 どこまで担保しているか実行環境注意事項(将来的に発生する可能性がある不具合など 「1.どこまで担保しているか」については、 「機能不備がない・フリーズしない」ことは最低限としてください。テストシナリオを作成するといいと思います 「2.実行環境」は、いつ、どのパソコン、OS、Officeなどのソフトのバージョンでテストしたかのメモを取ってください。 「3.注意事項(将来的に発生する可能性がある不具合など)」については、 リスク内容と優先順位も一緒に一覧にしておいてください。 7.⑥納品(納品スケジュールを立てて、納品する) この手順では、お客様と改めて納品スケジュールの調整をしてください。 既存システムなど業務を止めて頂く場合も考えてすり合わせてください。 8.まとめ 他に必要な資料や良い案があれば、改良していこうと思っています。 bananaplazaまでご意見お願いします。 自分で考えて本に書いていた難しそうなことは勝手に端折ったので、 インターフェース?とか検討しないといけない部分が多いと思いますが 今自分が理解しているのはここまで。もっと頑張らないと! つづく。

40代プログラミング未経験者がプログラマーに。

2019/01/22   -雑談
 

高杉です。この時代、プログラミングを勉強したい人は、20代に限らず幅広い年齢層にいると思います。40代プログラミング未経験者がプログラマーとして働き始めた話を簡単にしようと思います。もちろん、積み上げてきたトーク力,問題を発見するスキル,問題を解決するスキルなど、汎用的なスキルで活躍されるほうが年齢に適していることはわかるのですが、今の職場環境のせいか、諦めている人が多い気がしまして「年齢による不可能なこと」はないことを伝えたいと思いました。最初に言っておきますが、決して40代を馬鹿にしているわけではなく、やっぱり年齢に勝てない部分があるという話をよくお聞きするので書きます。生意気ですみません。 どうしたら年齢に関係なく早くしっかりと理解できるのか結果から言いますと 良い師に出会えるかどうか、そして諦めずに自ら学ぼうとするかどうか だと思います。 まだまだ青い自分の場合、2年前、今の会社に札幌のIT研修をしている別会社で研修を受けさせてもらいました。自分も未経験者だったため、プログラミングの概念から学ばさせて頂きました。自分は、地頭が良いと思っていましたが、本当に頭が良い人と話すと、その差は明白になりますね。そうです、自分は馬鹿だでした…。それでも若い力と努力で何とか食らいついて、ある程度は形にしてもらいました。 その後、40代の社員が未経験者なのにプログラマーとして開発部門に異動してきました。 一応、成功事例?として 自分と同じように40代社員も研修を受けるようでした。 正直、無理だと思いました。だって無理ですよね。研修の時の先生も難しいと言っていましたし。でも、その40代社員は、今ではphpでシステムを開発しています。 同じ先生に教えてもらったらしいです。先生さすがです。40代社員もさすがです。生意気ですみません。 この経験から大変失礼ながら良い師とは何かを定義してみました。 1.未経験者にはプログラミングの概念から徹底して教える。 2.生徒、弟子がわからないことは、わかるまで教える。 3.プログラミングが楽しいと感じさせてくれる。 当たり前のことかもしれませんが、あくまで個人的には、この3つを徹底している師が「良い師」だと思います。 頑張って探してください。w 後はキレイごとのように聞こえますが、本当に自分の努力次第なんだと思います。 ちなみに自分と40代社員を教えたが先生は札幌にいます。調べたら出てくる会社だと思います。(G〇〇様です。迷惑がかからないように伏せておきます。)

ブログ始めます。

2019/01/20   -自己紹介

高杉です。今日から投稿しようと思います。まずは特にルールはなし。とにかく自由に発信してみます。 自己紹介は、サイトの右側に長文を書いておきました。もし気が向いたら読んででください。最近は「LOST」っていう海外ドラマにハマっています。この投稿を書いている今も観ています。シーズン2の9話。海外ドラマは、今までいろいろ観てきました。「プリズンブレイク」は最高です。 そんな中、自分らしくないのですが、毎日仕事の後、ただ映画とかドラマとかを見ているだけじゃ生産性がないなと感じました。正確に言うと週末になるといつも感じていました。今では仕事も楽しいので気にしてなかったのですが、なんとなく少しでも金稼げることしたいなあと思いました。そこでブログを選びました。 もっといろいろあるとは思いますが、日記とか好きでしたし、アフィリエイトとかで成功している人の情報とかもWebに転がっていますし、後は少しでも社会の役に立てればいいなあと思い、誰かの「先人の知恵」になれれば、と選びました。 ということで、これから地道にブログ書いてみようと思います。できる限り面白くなるように書いていきますので、良かったら見てください。ちなみに自分は、一応プログラマー歴3年目になります。C#,VB,PHP,HTML,JavaScript,SQLなら少しはわかると思います。よろしくお願いします。

ブログ内容

高杉、沖田、斎藤で運営しています。